未分類

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の受験回数と試験結果

  1. HOME >
  2. 未分類 >

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の受験回数と試験結果

とねつー中の人
40歳でシステムエンジニアになった「いっちー」です。

2019年(令和元年)10月20日(日)に、人生初の基本情報技術者試験を受けました。

試験区分は、情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)です。

それでは、試験結果の公表です。どうぞ!

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の試験結果:1回目

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の結果

 

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の試験結果

はい。基本情報技術者試験で鬼門とされる午後Ⅰで、13点足りず撃沈(不合格)しました。

午後Ⅱは、自信はありましたが、午後Ⅰを突破(合格点60点)をとらないと午後Ⅱまで採点してもらえない厳しい洗礼を受けましたwwww

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験結果の反省

勉強期間

2019年6月から勉強を開始して、約5か月間の勉強期間を設けました。

途中、1か月くらい中だるみをして勉強しない時期もありましたが、最低でも4か月は勉強期間あった。

 

勉強方法

今回が、はじめての情報処理技術者試験(高度)だったので、午前Ⅰからフルフルの試験となりました。

「午前Ⅰから受験したので、合格できなかった」では言い訳になりません。

今、時間を空けて試験結果と向き合って思うことは、

ここが駄目だった勉強法3選

  • 午前Ⅰ、午前Ⅱの勉強(アウトプット)に時間をかけ過ぎた
  • 午後Ⅰの勉強時間が少なすぎた(約1か月)
  • 午後Ⅰ、午後Ⅱの問題を解くモチベーションが低い(本番と同じモチベーションじゃなかった)

この3つです。

もし、次回の情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)を受験する機会があれば、午後Ⅰ対策に重点を置いた勉強で試験に挑みたいです。

ただ、同じ試験を何度も受けるのは、かなり心が折れます。

「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の受験回数と試験結果」のまとめ

令和2年4月19日(日)の試験に申し込みました。

前回の失敗を踏まえて「リベンジ」します。次回の試験結果も、この記事に追記していきます。

 

 

 

 

 

 







-未分類
-

© 2020 40代からの生存戦略ブログ