no image

2019/1/23

FP1級の試験日が2019年から年3回に変更で注意点とスケジュール

こんにちは、FP屋さんです。 この記事を投稿している(2019年1月23日現在)では、FP2級を取得しています。 2019年から独立系FPとして活動をはじめたので、FP1級の取得も考えていました。 きんざいのHPを見ると 平素より当会の諸事業に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、当会ではファイナンシャル・プランニング技能検定1級試験(FP1級試験)について、来年度(2019年度)より、学科試験・実技試験とも年度に3回実施することを決定いたしましたので、お知らせいたします。 一般社団法人 ...

ReadMore

FP3級で独学用の参考書の選び方

2019/1/22

【2019年度版】FP3級を独学で合格するための参考書の選び方

FP技能士3級は、テキストと問題集を買って独学で勉強しても十分に合格を狙えるおすすめの国家資格です。 つまり、参考書(テキストと問題集)選びだけは失敗できません。では、どんな基準で参考書を選べば良いんでしょうか? いくつかポイントがあるので紹介していきます。 参考書の発売時期に注意する 毎年5月下旬~6月上旬にかけて、テキスト・問題集ともに最新版が発売されます。 その理由は、年1回の税制・法改正に対応するためです。 また、参考書の対応する試験が9月・翌年1月・翌年5月が出題範囲となります。 参考書はテキス ...

ReadMore

2019/1/22

【2019年度版】FP3級の独学用おすすめのテキストを紹介

FP3級の試験について 2016年5月22日(日)に実施した一般社団法人 金融財政事情研究会(通称:きんざい)が主催するファイナンシャル・プランニング技能検定3級(通称:FP3級)に独学で一発合格しました。 ちなみに午後の実技試験の選択科目は、個人資産相談業務を選択しました。 独学の人向け参考書、問題集の選び方 参考書(テキスト)と問題集はTAC出版の「みんなが欲しかった! FPの教科書」シリーズを選びました。 選んだ理由はamazonのレビューが多くて、レビューの内容も良い評判が多かったという理由です。 ...

ReadMore

2019年の目標

2019/1/8

2019年の目標を仕事はじめに語ろうと思う

平成が終わり新しい元号がはじまる2019年がはじまりましたが、いかがお過ごしでしょうか? ぼくは、元日早々からフルスロットルでブログを更新しています。 2018年の振り返りと反省では、仕事面で反省ばかりでしたが、家族・子育てに関しては、世間でいうイクメンを遥かに凌駕する活躍だったと自負してます。 過去の振り返りはこのくらいにして、2019年の目標を決めました。 2019年の目標:仕事面 ブロガーとして、当ブログを毎日更新する。 アフィリエイターとして、特化ブログ(アフィリサイト)を運営する。 地域ブログを ...

ReadMore

2018年を振り返る

2019/1/8

2018年の振り返りと反省

2019年がはじまって一週間が経過しました。 ぼくも、確定申告関連の事務作業を終えて、本日から2019年を始動することができました。 既に2019年ですが、自分の中では2018年(平成30年)は激動の一年であり・記念すべき一年だったので、きっちり振り返りと反省をしたいと思います。 2018年1月 母が末期ガンで入院する。 兄・父とお金のことで揉めて、東京の病院から埼玉の奥地の病院へ搬送することになる。 この時点で、住所は僕の家となる。 2018年2月 母親が亡くなる。 父親・兄がいるが、次男である自分が喪 ...

ReadMore

ライフログ

2018年の振り返りと反省

更新日:

2018年を振り返る

https://habitualize-blog.com

2019年がはじまって一週間が経過しました。

ぼくも、確定申告関連の事務作業を終えて、本日から2019年を始動することができました。

既に2019年ですが、自分の中では2018年(平成30年)は激動の一年であり・記念すべき一年だったので、きっちり振り返りと反省をしたいと思います。

2018年1月

母が末期ガンで入院する。

兄・父とお金のことで揉めて、東京の病院から埼玉の奥地の病院へ搬送することになる。

この時点で、住所は僕の家となる。

2018年2月

母親が亡くなる。

父親・兄がいるが、次男である自分が喪主を勤めることになる。

葬式場で父親と兄が取っ組み合いの喧嘩をはじめる。

これがきっかけで、兄と絶縁状態になる。

ちなみに、父親を引き取り同居することになる。

2018年3月

三男の妊娠したことを妻から告げられる。

この時点で、サラリーマンじゃなく独立を考え始める。

会社のデスクのPCの画面にYahooが表示されていたので、社長から「仕事中にインターネットをして遊んでいる」と、時代遅れの指摘をされる。

この時点で、この会社に未来はないと確信する。

2018年4月

営業部への移動を打診される。

サラリーマンである以上会社の命令は絶対だと思っているので、答えはYESと即答する。

すでに、独立することを決めていたので、会社に対する気持ち・モチベーションはゼロに等しい。

2018年5月

独立後のお世話になる顧問税理士と、顧問契約を結ぶ。

創業からの付き合いということで、色々と便宜を図ってもらった。

日本政策金融公庫の方と面談を行う。

顧問税理士事務所の担当を交えた面談だったので、比較的友好的に終わる。

その結果、融資が下りることになる。

もう、サラリーマンとしてのモチベーションは皆無に等しいが、なぜか、通勤・満員電車をもうすぐ終わりかという懐かしさを覚え、日々干渉に浸っている。

と同時に、もう自分にな仲間(同僚・部下・上司を含め)いないと急に孤独を感じ始める。

2018年6月

ワールドカップ開催。

この時期に、上司に退職の意思を伝え「退職願い」を提出する。

「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、会社の業務にたいして急にやる気を出す。

ただ、退職日と最終出勤日を巡り少し会社と揉める。

結果、退職日が8月31日になり最終出勤日は7月31日となる。

2017年7月

約20年に及ぶサラリーマン人生最後の一ヶ月となる。主な仕事内容は、引き継ぎ業務とVBAによる業務効率化用シートの作成。

最終出勤日に、送別会を開催してもらう。上司とは色々とあったが、前の会社からの付き合いで10年以上になるので、感謝の思いや涙が込み上げてくる。

明日からの生活に不安があったので、二次会には参加せず家へと帰る。

本当にあっけないサラリーマン人生の最後の一日が終わった。

2018年8月

有給消化期間の一ヶ月のはじまり。

腰痛・風邪を2回ひく・右の膀胱が腫れるといった具合に体調を崩す。

遊び呆けることもできず仕事のスタートダッシュにも失敗する。

事業内容で、色々と迷いはじめる。一言でいえば「迷走」のはじまり。

2018年9月

毎日引きこもり状態で、保育園の送り迎えと主夫業に追われる日々。

徐々に不安でメンタルがやられて、夜寝れなくなってくる。

メンタル面の強化、外出すること、運動不足の解消ということで、ホットヨガをはじめる。

そしてホットヨガにハマり、週5、6ペースで通う。ヨガインストラクターになりたいと思い始める。

相変わらず、仕事は何も手につかない状態の毎日を送る。だんだんとお金が減り始める。

中学校時代の親友二人が、家に遊びに来る。

約3年ぶり位の再会になる。仕事を辞めたことを告げると、「私生活は適当だったけど仕事は真面目にしている」といった誉めてるのかけなしているのか分からない評価をもらう。

2018年10月

毎日ホットヨガに通う日々を過ごす。

次男・次女が入院する。付き添いのため入院期間中ずっと病院で過ごす。

長女が学校でイジメにあってることが発覚する。

仕事は何もしていない状態。

2018年11月

妻が三男の出産のため入院する。予定日を2日過ぎても生まれない。

毎日専業主夫として過ごす。

長女のイジメが原因で、学校へ呼び出される。長女は学校を辞めたいと言い出す。

現在は、イジメの問題も解決して学校へ普通に通っている。(赤点のため進級は微妙な状態だが)

2018年12月

三男がRSにかかり2回入院する。

2回目の入院は現在進行中。

預金残高の少なさを改めて気づく。仕事をはじめようとするが、現在は入院中のため何も進んでいない状態。

来年の確定申告のため、1年間の書類整理をはじめる。

事業内容をWEB一本に絞る決断を半年かけてする。

2018年の総括

サラリーマンを辞めて、独立した記念すべき一年だったけど結果的には、テーマは家族と主夫業だった一年でした。

新しい挑戦としては、ホットヨガと主夫業くらいでビジネスとしては何の成果も出せぬまま2019年がはじまった感じ。

課題としては、健康と仕事する時間の確保。平日の日中は保育園があるので作業ができるが、夜は子供を寝かしつけるまで付きっきりである。世の中のママは、本当に凄いと身をもって感じている。

子育てには、もっとパパの協力が必要だと思う。特に我が家のように、親に頼れない家庭は夫婦が同じように子育てをしないと回らないと身をもって感じた。

今まで安い給料で節約を強いて「子育ては妻の仕事」だと思っていたが、それは間違いだと思う。毎月100万円くらいポンっと渡せるようになったら、主夫を止めようと思っているが、そんな日は訪れるのか微妙である。

もう、子育ては妻だけは時代遅れである。

女性の活躍が大事といわれるが、男性の働き方を変えないと少子化は解消されないと思う。主夫を経験した男の個人的な感想ですが。。。

サラリーマンを辞めて独立して迎える年末だったのに、事業が全然進まず後悔が残る一年でした。

2019年はワークアズライフの精神で、毎日仕事をするし主夫に子育てに励む一年にしたいです。

あなたはどんな一年でしたか?

 







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FP屋さん

埼玉県久喜市在住の40代の五児のパパです。 現在は、独立系FP/WEBマーケター/コンサルタント/ブログ運営/主夫を生業としている兼業家パラレルキャリアワーカー)です。 自身の経験を活かしてフリーランス・個人事業主・自営業者・ひとり社長向けのマネー情報のブログを配信しています。

FP屋さんのおすすめ記事

マネーフォワードME 1

子どもの教育資金を貯めること・毎月の住宅ローンの返済・老後の資金不足の不安など、現在はお金に関する悩みが多い時代です。 ところで、あなたは「家計簿をつけて家計の収支をきちんと把握してますか?」 家計の ...

2

2016年9月11日(日)に実施した日本FP協会が主催するファイナンシャル・プランニング技能検定2級(通称:FP2級)に独学で一発合格できました。 たいっちちなみに、午後の実技試験の選択科目は、資産設 ...

3

FP3級の試験について 2016年5月22日(日)に実施した一般社団法人 金融財政事情研究会(通称:きんざい)が主催するファイナンシャル・プランニング技能検定3級(通称:FP3級)に独学で一発合格しま ...

4

こんにちは、ポンコツです。 2016年5月22日(日)に実施した一般社団法人 金融財政事情研究会(通称:きんざい)が主催するファイナンシャル・プランニング技能検定3級(通称:FP3級)に独学で一発合格 ...

-ライフログ

Copyright© FP屋さんのまねーはっく , 2019 All Rights Reserved.